口臭についてのご紹介

口臭とは吐いた息と一緒に嫌な臭いがしてしまうことを言います。口から吐かれる息に嫌な臭いがしてしまう原因には、口腔内を不潔にしていることが関係しています。歯磨きはできるだけおこない口腔内を清潔に保つようにしましょう。ニンニクやキムチなどの臭いの強い食品を食べることによって口臭が気になるケースもありますし、アルコール摂取によって口臭が発生する場合や喫煙が原因になるケースもあります。歯垢は、食べカスなどに含まれているタンパク質が口腔内の細菌によって分解が生じてメタンチオールや揮発性有機硫黄化合物、スカトール、インドールなどが原因だとされています。歯のブラッシングをする習慣を付けるように心がけることが大切です。口臭は消化器系の疾患によって起こるケースが多いですが、その他にも虫歯や歯周病などが原因にある場合があります。膿栓による口臭が強く考えられますので、歯が痛くなくても定期的な歯科検診を受けることも大切です。性病と口臭も関連が深いのでしっかりと勉強してみてください!