腰痛の対処法で気を付けるべきこと

夫が壁掛けの絵画を取るために無理な体勢をして、腰が痛くなったようです。しばらく様子を見て、湿布を貼ったりしていました。筋肉をほぐすためか、軽くストレットをやってみたら悪化しました。良く調べてみると、ぎっくり腰のようなぐきっと来る腰痛は急性腰痛と言われるものでした。腰に負担をかける動作や激しい運動を続けることで、筋肉疲労が蓄積して筋肉痛や肉離れ

を起こして痛みます。これが急激に発生して強い痛みを伴うものがぎっくり腰です。この痛みに対する対処法は、無理なストレッチや整体は避けて、楽な体勢で安静にしていることでした。湿布を使用する場合、冷湿布で冷やして炎症を抑えるのが良いそうです。

夫がやった、ストレッチで腰を捻るのは逆効果でした。腰痛と言うと腰のコリを思い浮かべて、ストレッチや入浴で腰を温めて血行を良くしますが、急性腰痛では全くの逆効果ということを知りました。軽い腰痛と言えど、種類によって正しい対処法を知っておくべきだと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です