腰痛の原因は姿勢にあった

腰痛は歩いたり座ったりするときにも痛みを感じやすく、とても不快な症状です。腰痛改善のためにはどのような方法があるのでしょうか。
腰痛は立ったまま、座ったままの作業が多い人に良く見られる症状です。同じ体勢をずっととっていることによって筋肉が疲労し、腰痛を起こしやすいのです。特にオフィスで座ってパソコンをずっと見ていると、いつの間にか身体が前傾姿勢になっている人が多くいます。実はその態勢が本来緩くカーブしている背骨に余計な負担をかけることにより、周囲の筋肉がさらに疲労するのです。猫背になっていたり、猫背ではなくてもお腹が突き出したような体勢の人は知らないうちに背骨がゆがんでしまっていることが多く、肩こりなど身体のほかの箇所にも影響が出ています。
仕事中に立ち上がって腰痛対策の運動をするのは難しいでしょう。しかし立ち上がった際に軽く腰を動かしたり、血行を良くする手足のツボを刺激することで予防と改善の効果を得ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です