腰痛になって治療したときの体験談

私は会社で書類を整理していた時に、急に腰の痛みを感じました。そこでその日は会社を早退して、自宅に帰って腰に湿布を貼りました。そして多少痛みは緩和されましたが、しっかりと治療してもらうために翌日整形外科に行きました。

整形外科で腰痛の症状を説明すると、しっかりと検査を行ったうえで、ぎっくり腰という診断結果が出ました。そして医師の指示に従って、しばらくは重いものを持たないようにするなど、できるだけ安静にするように心掛けました。また痛み止めの薬も処方してもらえたので、痛みを抑えながら症状を改善することができました。その一方でぎっくり腰のような腰痛を防ぐための対策についても、整形外科の医師から教えてもらうことができました。

そして予防するために、日ごろから腰に負担のかからないような動作をするように気をつけることにしました。更に適度な運動も行うことで、筋肉をリラックスさせることができるようになり、その後は腰の痛みはなくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です