育児で腰痛になってしまう

育児をするうえで、必然的に腰痛になってしまいます。それは、赤ちゃんや子供のお世話でどうしても抱っこをすることがあります。腰から姿勢をまげてしまうので、腰痛になりやすいです。

また膝から曲げれば、いいのですが、どうしても面倒でつい腰を曲げてしまうので、その分子供の体重が全て腰にきてしまします。そして、たくさん育児をする中で抱っこをするだけではなく、着替えをさせたり、少し場所を移動させるときなどにも持ち上げるのでその分腰にきます。また赤ちゃんの場合は体重も軽いですが、日々体重も増加しています。

なので普段から腕の筋肉はつきますが、少しずつ腰にも負担が蓄積されていきます。そして徐々に増えていく子供に対して、腕の筋肉もついてはいますがそれ以上に腱鞘炎になる事もあります。なので、普段からきを付けるようにしたいと思います。移動の際にはベビーカーを使ったり、持ち上げるときはゆっくりと持ち上げるなどもしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です