力仕事を頑張りすぎたため突然腰痛に襲われました

私は結婚して新居に引っ越した時、荷造りや荷解き、新生活に必要な家具家電の買い物や配置などを、全て一人でおこないました。夫は仕事で忙しいので、寿退社をしたことで時間的な余裕のある私が任されることになったのです。大変でしたが、幸せな結婚生活のためと思い、一人で一生懸命頑張りました。
しかし力仕事ばかりだったため、ある日突然、ひどい腰痛に襲われたのです。体を起こすこともできないほどの激痛で、私は体をひきずるようにして何とか夫に電話をしました。夫は仕事を定時で終わらせ、すぐに帰宅して病院に私を連れて行ってくれました。
診断の結果、ぎっくり腰ということでした。張り切って、力仕事を頑張りすぎたことが原因でした。
夫は私に任せきりにしたことを詫び、以後は手伝ってくれるようになりました。私は、一人ではとても受診できなかったと思うので、夫が病院に連れて行ってくれたことに、心から感謝しました。お互いに協力し合うということを学べたので、ぎっくり腰になって、かえって良かったと思っています。
病院で処方された痛み止めのおかげで、腰痛は徐々におさまっていきました。5日ほどでほとんど治り、日常生活を問題なく送ることができるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です